これまでの       
今月のアーカイブ

 Archive of the Month


平成20年5月展示
「今月のアーカイブ」はこちら
「だるま屋少女歌劇−プログラムとブロマイド」
平成20年4月25日(金)〜5月21日(水)
文書館閲覧室

展示説明会 5月3日(土)、18日(日) 1回目11:00〜 2回目14:00〜 *終了しました

*関連 つなごう。ふくいの記憶-だるま屋少女歌劇の思い出

「だるま屋少女歌劇」に出演していた高田富氏(芸名霞浦子、1918−2006年)が収集した
プログラムとブロマイドを展示しています(当館寄贈)。
初演から最終公演までのモダンな表紙のプログラム『少女歌劇タイムス』、
出演者のブロマイドもほぼ揃っており、
昭和のはじめにふくいの人々を魅了した「だるま屋少女歌劇」のようすを
知ることができます。

(A0502高田富文書についての詳細はこちら、資料目録一覧はこちら

新春のヴァライテイ・フィナーレ“青春の歌” (1935年1月)
「新春のヴァライテイ・フィナーレ“青春の歌”」(1935年1月)

 だるま屋は、ちょうど80年前の1928年(昭和3)7月、福井駅前の県庁跡地に開店した県内初の百貨店です。3年後の31年1月には旋回すべり台、エスカレーター、「鏡の間」などの遊具や施設をもつ2階建ての別館「コドモの国」が開館しました。
 だるま屋少女歌劇は、この別館「コドモの国」がオープンした際に、その専属としておかれたもので、同年11月1日に第1回公演が行われました。県内出身の少女たち約30名が在籍し、月ごとにプログラムをかえながら(8月は休演)、36年7月まで公演を行っていました。

如月冴子 筑紫光子 泉澄子 霞浦子
如月冴子          筑紫光子            泉澄子           霞浦子   
少女歌劇の出演者24名のブロマイドを展示しています。


*他の少女たちのブロマイドや歌劇団関係写真等は、
こちら1
(デジタルアーカイブ 高田富家文書 A0502 00130)とこちら2(同 A0502 00131 )から

『少女歌劇タイムス』1936年(昭和11)1月
『少女歌劇タイムス』1936年(昭和11)1月

 プログラムからは、4年9か月にわたる定期公演のうち、ほぼすべての演目・配役がわかります(2か月欠)。

1934年(昭和9)10月からは、批評・感想欄が設けられ、単なるプログラムではなく
批評誌としての性格ももっていました。


ポスターpdf:471KB

Home
福井県文書館