今月のアーカイブ Archive of the Month
福井県文書館では、月替わりで収蔵資料や館の活動を紹介する展示を行っています。
これからの展示予定はこちら

閲覧室にお立ち寄りください



春嶽の旅日記


― 「東海紀行」でたどる参勤交代―

「東海紀行」 松平文庫 福井県立図書館保管
「東海紀行」 松平文庫 福井県立図書館保管 A0143-20273

平成28年12月23日(金)~平成29年2月22日(水)
文書館閲覧室


天保15年(1844)、若き福井藩主 松平春嶽(慶永、当時17歳)は、
参勤交代で福井へ向かうために江戸を発ちました。
東海道経由で、約2週間の旅の始まりです。

春嶽は、この旅で見たこと、聞いたこと、感じたことを
紀行文にまとめています。船歌を聞きながら川を渡った
平穏な日もあれば、嫌いな雷に見舞われた不安な日もあり、
山あり谷ありの2週間だったようです。

展示では、春嶽の紀行文「東海紀行」をもとに、
道中のようすやできごと、しきたりなどを紹介しながら、
江戸から福井までの旅をたどります。



●○ 旅のようす ○●
東海紀行
「東海紀行」1ページめ 「東海紀行」表紙 松平文庫 福井県立図書館保管
「東海紀行」 松平文庫 福井県立図書館保管 A0143-20273
*デジタルアーカイブ 「東海紀行」の画像はこちら

17歳の青年藩主、松平春嶽による参勤交代の旅の記録です。
旅をしたのは、天保15年(1844)4月29日から5月11日までの
13日間、江戸発・福井着の「交代」でした。
この時は、書名にあるとおり、東海道を経由したルートを
たどっています。

この「東海紀行」、実は江戸で教えを受けていた「筑山先生」
(ちくざん先生=儒者の成島筑山)からの宿題でした。
開いてみると、あちこちに朱筆で添削された跡があり、
書式を統一するための校正もなされています。
さすが「羊堂」(春嶽の別の号)、提出前に見直して、
きちんと加筆修正していたようです。

⇒パネル展示「東海紀行」はこちら pdf:471KB
 ⇒パネル展示「参勤交代」はこちら pdf:438KB
 ⇒パネル展示
「福井藩の参勤交代のルート」はこちら 準備中


●○ 江戸から富士山へ ○●
江戸のわが家
「江戸常盤橋邸表奥ノ図」 松平文庫 福井県立図書館保管
年未詳 「江戸常盤橋邸表奥ノ図」 松平文庫 福井県立図書館保管 A0143-21410

福井藩の江戸上屋敷の絵図です。屋敷には上・中・下の
3種類があり、藩主が居住していたのは、この上屋敷です。
常盤橋(ときわばし)邸は、吉邦(よしくに)が拝領して以降、
茂昭(もちあき)まで、10代にわたる福井藩の上屋敷でした。
常盤橋までは、麹町、竜ノ口、浜町という変遷をたどっています

常盤橋邸の全体図はこちら
 pdf:12.7MB 
現代の地図での常盤橋邸の所在地はこちら pdf:198KB 


道中のエピソード①(4月23日~5月3日)
エピソード 詳細(pdf) 日時 場所
川といえば浅井政昭  こちら   29日
(初日)
品川・川崎間の六郷川
百姓を想う  こちら  〃   品川・川崎間の磐井神社
気さくな殿様  こちら  30日
(2日目)
藤沢・平塚間
きらいなもの:雷  こちら  〃   大磯・小田原間の梅沢村
殿は歴史学者?!  こちら 5月1日
(3日目)
箱根の東福寺
自慢の家臣   こちら 3日
(5日目)
興津・江尻間の清見寺  
*デジタルアーカイブ
「東海道名所図会」 (清見寺)の画像はこちら


難所その1「箱根」
「東海道名所図会」 吉川充雄家文書 福井県文書館蔵
寛政9年(1797) 「東海道名所図会」 秋里籬島(著) 
吉川充雄家文書 当館蔵 C0037-00551~00556

*デジタルアーカイブの画像はこちら

箱根権現の参道では、供の疲れを考えて脇道を行くなど、
春嶽も気を遣っているようすです。
しかし、鳥居をくぐってみると、思いがけず、境内を案内しようとする
子どもたちに囲まれます。難所の箱根も、春嶽には、
楽しい思い出として残ったのかもしれません。

日本一の大山 富士山
「(東海道五十三次など)」 勝見宗左衛門家文書 福井県文書館蔵

年未詳 「(東海道五十三次など)」 「沼津」(左)・「原」(右)
日本木版発行 勝見宗左衛門家 文書当館蔵 B0037-00661

*デジタルアーカイブ の画像はこちら

2日目、朝の七ツ時半(午前5時)に宿所の程ヶ谷(ほどがや)を出発して
しばらく、相模国に入ったところで、はやくも富士山が登場します。
その後は、進むにつれて右に、左に、正面に、通過する4日目まで3日間、
心ゆくまで富士山を堪能しています。


●○ 富士山から福井へ ○●
道中のエピソード②(5月5日~11日)
エピソード 詳細(pdf) 日時 場所
なんたる不覚!   こちら 5月5日
(7日目)
袋井・見付間
参勤交代のBGM  こちら 8日
(10日目)
墨俣・大垣間の佐渡川
湯尾峠でサプライズ こちら 11日
(最終日)
湯尾
部屋住み時代の富恭(とみまさ) こちら   〃   府中

難所その2「大井川」
「東海道名所図会」 吉川充雄家文書 福井県文書館蔵
「東海道名所図会 四」より *デジタルアーカイブ の画像はこちら

箱根とならんで東海道を代表する難所です。春嶽も「東海紀行」に
「俗ニ此河と箱根嶺とをさして海道第一之難所いへり」と記しています。
この川は、駿府城、そして江戸の防衛という軍事的な役割も
になっていたため、架橋も渡船も禁止されていました。

しかし、東海道を行くには、この川を渡らなければなりません。
渡る時は・・人力です。
(春嶽一行は無事に渡れましたが、春嶽の出発前に江戸に到着して
いるはずの家臣は、ここで足止めを食って江戸到着が大幅に遅れ、
春嶽が江戸を出発して2日目に大磯で一行と出会っています。)


日本一の大橋「矢矧(やはぎ)橋」
「(東海道五十三次など)」 勝見宗左衛門家文書 福井県文書館蔵
「東海道五十三次」より「岡崎」 *デジタルアーカイブ の画像はこちら

岡崎の西を流れ、「三河」の由来にもなっている矢矧川(矢作川)、
その川に架かっていた橋です。
長さは208間(約375メートル)、杭の数は70本で、
当時は日本一の大きさを誇っていました
(現在は当時よりも上流に架け替えられています)


お迎えの準備は!・・万端?
「(治好参勤着城道筋、3日与力中掃除見分ニ付達)」ほか 浅田益作収集文書 福井県文書館寄託

年未詳  「(治好参勤着城道筋、3日与力中掃除見分ニ付達)」ほか
浅田益作収集文書 当館寄託 C0121-01521・01523~25


藩主の帰国にあたり、城下の「馳走」(=おもてなし)を果たすために
奔走した町人たちの記録です(当時の藩主は治好(はるよし))。

ここでの馳走は「掃除」ですが、単なる掃除ではありません。
与力、奉行の二重の見分(チェック)を控えた厳重な「掃除」でした。
与力の見分の2日前、町人たちは、すでに「掃除」の準備に
とりかかっていました。
ところが、当日はあいにくの雨で、見分は翌日に延びてしまいます。
奉行の見分は、さらにその翌日です。

資料が残っているのはここまで。町人たちは、
無事に「馳走」を全うすることができたのでしょうか・・

拡大した資料と活字版はこちら pdf:545KB


福井のわが家
「福井城旧景」山下与平(写) 福井県立図書館貴重資料 福井県立図書館蔵
昭和2年(1927) 「福井城旧景」山下与平(写) 福井県立図書館貴重資料
 福井県立図書館蔵 T0001-00004


江端・花堂を経て、赤坂(現在の月見2丁目)へ。ここからは城下です。
そのまま北上し、足羽川に架かる大橋(現在の九十九橋)へ。
ここまでくれば、福井城はもう目の前。橋を渡り、本町をとおって
桜門から城内へ。鉄(くろがね)門、下馬門、太鼓門、いよいよ本丸に
近づいてきました。本城橋を渡り、瓦門をとおって本丸御殿の玄関へ。
旅の最終目的地に到着です。

しかし、到着したといっても、すぐにはくつろげません。
帰城の式事がまっています。幕府へも、きちんと使者を遣わして、
帰国を報告します。これでようやくおしまいです。

こうして春嶽は、今回の参勤交代、13日間の旅を終え、
無事に帰国しました。これから1年間は、福井で、
藩主としての務めを果たしていきます。

資料は幕末の福井城下を描いた画帖です(全25場面)。
城下の各所がクローズアップされており、
当時の城下の細かなようすを知ることができます。


●○ その他 ○●
武家名鑑「武鑑(かん)」
「(天保武鑑)」、須原屋茂兵衛版 吉川充雄家文書 福井県文書館蔵
保期(1830~44) 「(天保武鑑)」、須原屋茂兵衛版 
吉川充雄家文書 当館蔵、C0037-00604 
*デジタルアーカイブ 「(天保武鑑)」の画像はこちら


大名や役付きの幕臣らの基本情報をまとめた資料集です。
藩や幕府ではなく、須原(すわら)屋や出雲(いずも)寺といった商人が
編集・出版していたため、誤記も含まれていたようですが、
改訂を繰り返して役替えや屋敷替え、代替わりなどを反映し、
最新の情報を提供していました。

大名の場合は、家紋、官位に伺候席、参勤交代の時期、諸道具、
江戸屋敷の所在地、献上品や拝領品などが、
ひと目でわかるように記載されています。
武鑑は、武士だけでなく、町人や百姓にも重宝され、
政務に、取引に、お土産に、といろいろな場面で活躍していました。
武鑑を片手に大名行列を見物、というのも楽しみの
ひとつだったようです。

その他、コラム紹介

春嶽が旅の途中で出会った藩主たち
はこちら pdf:398KB
各地の名物はこちら pdf:
準備中


●○ 展示室内 ○●
福井藩の年中行事「馬威(うまおど)し」
福井藩年中行事「馬威し」 タペストリー

福井藩年中行事「馬威し」 タペストリー
⇒コラム紹介 …福井藩の年中行事「馬威(うまおど)し」 こちら pdf:303KB

ガイドペーパーpdf:1084KB

第22回福井県中学生郷土新聞コンクール優秀作品を展示しています
平成28年12月16日(金)~平成29年1月18日(水)
文書館閲覧室
*終了しました。
平成28年度 郷土新聞優秀作品 展示


ポスターpdf:2.25MB

Home
福井県文書館