今月のアーカイブ Archive of the Month
福井県文書館では、月替わりで収蔵資料や館の活動を紹介する展示を行っています。
これからの展示予定はこちら

閲覧室にお立ち寄りください


資料で愉しむ ふくいの春

種まき うた うたげ


春にちなんだ文書館資料
                               『少女歌劇タイムス』 高田富文書 A0502-00110
                         『小供画帖 花咲爺』 坪田仁兵衛家文書 C0005-02431
                              「農事日誌」 飯田広助家文書 G0024-00118-001
                      「敦賀港絵はがき(袋入)」 坪田仁兵衛家文書 C0005-01863


平成28年2月24日(金)~平成29年4月9日(日)
文書館閲覧室


春の匂いが立ちはじめ、だんだんと濃くなってゆくこの季節。
めぐりくる春の華やぎは、今も昔もかわらず、
人びとの心を浮き立たせます。

長い冬の後に春を迎える雪国では、その華やかさもまた格別で、
ふくい人も、眺めたり、詠んだり、種をまい たり、
さまざまな形で春を愉しんでいました。

展示では、実際に春がくるまで、その季節を待ちながら、春に
ちなんだ資料を紹介していきます。


●○ ケース1 ○●
ハナオサカセマシヨウ
『小供画帖 花咲爺』坪田仁兵衛家文書 当館寄託
1911年(明治44)発行 『小供画帖 花咲爺』 坪田仁兵衛家文書 当館寄託 C0005-02431

昔話「花咲か爺さん」の明治時代の絵本です。
「シヨジキヂヽイ」(正直爺)、「イヌ」、「ヨクバリヂヽイ 」(欲張り爺)、「トノサマ」、
この4者の登場人物による勧善懲悪の物語で、
「イヌ」を中心にして「シヨジ キヂヽイ」と「ヨクバリヂヽイ」との対比が描かれ、
両者は最後に対照的な結末を迎えます。

「イヌ」は途中で「ヨクバリヂヽイ」に殺されてしまいます。
その後、木になって再登場しますが、臼になっ たところで再び壊され、
燃やされ、灰になってしまいます。しかし、灰になってからが見せ場です。
「イヌ」(臼)の灰を引きとった「シヨジキヂヽイ」は、その灰を抱えて枯れ木に
登ります。そして「トノサ マ」の前で灰をまき、枯れ木に花を咲かせて
褒美を授かります。(「ヨクバリヂヽイ」も灰をまきますが、
「トノサマ」の目に入れてしまい、捕らえられていきます。)


春の便り
「万家重宝 女用花鳥文章」寺田与右衛門版 桜井市兵衛家文書
1729年(享保14) 「万家重宝 女用花鳥文章」 寺田与右衛門版  桜井市兵衛家文書 
当館蔵 N0055-00604

*デジタルアーカイブ「万家重宝 女用花鳥文章」の画像はこちら


百姓や町人にも教育が普及してくると、男子用や女子用に加え、
百姓用や町人用、さらには各地域用と、多種 多様な
「往来物(おうらいもの)」(教科書)が作成されるようになりました。
これは女子用の往来物で、季節の便りの文例のほか、
和歌、字訓、裁縫の仕方などが多くの挿絵とともに書か れています。


春を歌う、春を舞う
『少女歌劇タイムス』 高田富文書
1933年(昭和8)年4月ほか 『少女歌劇タイムス』  高田富文書 
当館蔵 A0502-00087、00098、00110、000111

*デジタルアーカイブ 高田富文書についてはこちら

福井県内初の百貨店、「だるま屋百貨店」(現在の西武福井店)には、
「少女歌劇部」という部署がありまし た。
現在も「宝塚歌劇団」に代表されるあの少女歌劇です。
春本番の4月、公演には春らしい演目が並び、
少女たちは歌って踊って役を演じ、体全体で春を表現しました

*関連 ⇒ つなごう。ふくいの記憶-だるま屋少女歌劇の思い出

綿はこうやって栽培するのだ
「農稼業事抜書中之巻」 石倉家文書 福井県立図書館蔵
1819年(文政2)「農稼業事抜書中之巻」 石倉家文書 福井県立図書館蔵 A0067-00832

晩春に種をまくと、夏に黄色の花が咲き、花がしぼむと、果実の中から
綿花がふくらんできます。この綿花か らとれる繊維が、綿です。
福井藩は、農書「農稼業事(のうかぎょうじ)」(著者は近江国の農学者)の抜書を
作成し、それを藩内の村々に配付して綿や菜種の栽培を奨励していました。

*コラム紹介 「綿について」 こちら pdf:538KB

なるほどなるほど
「農稼業事抜書帳中ノ巻村々并縁上之者共ヘ渡方帳 外ニ棉雌雄苗見分ケ書渡方奥ニ 有」 片岡五郎兵衛家文書
1819年(文政2)8月19日 「農稼業事抜書帳中ノ巻村々并縁上之者共ヘ渡方帳 
外ニ棉雌雄苗見分ケ書渡方奥ニ有」 片岡五郎兵衛家文書 当館寄託 A0027-00019-001


1819年(文政2)に配付された「農稼業事抜書」は、綿の「雌雄」、品種、採種、
種まき、間引き、肥料、添え木、害虫と、綿の栽培に必要な知識や技術が
まとめられた1冊の小冊子で、これ自体が栽培マニュアルになっています。
この抜書は、大庄屋(数十か村の庄屋のまとめ役)をとおして
村々の百姓に配付されました。


種をまく人
「農事日誌」 飯田広助家文書
   初年は1902年(明治35)・末年は1939年(昭和14)「農事日誌」飯田広助家文書 
当館寄託 G0024-00118-001~020


今立郡上池田村(現在の池田町)の「素人百姓」飯田広助(村長)が
つけていた農業日誌です。
広助は冒頭の「要領」(凡例)で記入事項や使用記号を定め、
それにしたがい、約44年にわたって記録を続けています。
土を耕し、種をまき、苗を植え、肥料をやり、虫を除き、作物を収穫する。
毎年、この繰り返しのようですが、天候に疫病に病害虫に・・
そして今年も、土を耕し、種をまきます。


桜満開!城内開放!
「雑日記」松平文庫 福井県立図書館保管
  
1915年(大正4) 「雑日記」 松平文庫 福井県立図書館保管 A0143-21632

 福井城は、版籍奉還や西南戦争を期に解体が進められていましたが、
それでも、明治時代の中頃には、本丸から三の丸までの広大な土地に
百間堀をはじめとする巨大な堀、それに石垣も残っており、
城内は豊かな自然環境に恵まれていました。1893年(明治26)、
最後の藩主松平茂昭(もちあき)の子康荘(やすたか)は、
ここに「松平試農場」(現在でいう農業試験場)をつくりました。

現在も、旧福井城本丸(現在の福井県庁・福井県警察本部)の周辺には、
ところどころに桜の木があり、春になると花を咲かせています。
当時の旧福井城(松平試農場)は、市の中心部で豊かな自然に
親しめる場所でしたが、松平家の私有地でした。
そのため、普段は一般に開放されていませんでしたが、1914年(大正3)より、
桜の季節に限り一般に開放されるようになりました。
やはり、市民も楽しみにしていたのでしょうか、2年目の15年には、
2日間で約3万人が旧福井城内で花見に興じています。



●○ ケース2 ○●
殿、歌を詠む
「昇安院様御筆花鳥」松平文庫 福井県立図書館保管
(年未詳)「昇安院様御筆花鳥」 松平文庫 福井県立図書館保管 A0143-21511

福井藩主松平吉邦(よしくに)(江戸時代中期)が詠んだ短歌です。
歌の題材は1月から12月までの12か月、そのひと月ひと月の花と鳥です。
題材の花と鳥は、その月その月を想像しながら選んだのでしょうか。
1月は「柳」と「鴬」、2月は「桜」と「雉」、3月は「藤」と「雲雀(ひばり)」が
採用されています(それぞれ旧暦)。


殿、馬に乗る
『弘化四丁未歳正月ヨリ同年三月十八日迄御用日記』 宮崎長円家文書
1847年(弘化4)「弘化四丁未歳正月ヨリ同年三月十八日迄御用日記」
宮崎長円家文書 当館蔵 A0180-00001 
*デジタルアーカイブ「弘化四丁未歳正月ヨリ同年三月十八日迄御用日記」の画像はこちら


福井城の南東、荒川西岸の土手には桜並木があり、
その土手の内側には桜の馬場という馬場がありました。
1847年(弘化4)旧暦2月28日、曇りのち晴れ。この日は、
午後1時から午後5時まで、藩主の城下廻りがありました。
この時の藩主は松平慶永、20歳。慶永は城下廻りの途中で、
この桜の馬場に立ち寄っています。

桜の馬場での目的は弓の稽古の観覧だったのですが、
折節城下は花の盛りでした。桜に誘われたのか、弓の稽古を観覧した後、
慶永は床几(しょうぎ、折りたたみ式の椅子)を立って馬場中をめぐり、
さらに、それでは満足できなかったのか、そのまま常袴(普段着)で乗馬を楽しんでいます
(この時、馬場には弓の弟子たちがいたため、慶永の側に仕えていた用人たちは、
弓の師匠がもってきていた幕を借り、それを弟子たちと慶永との間に
張ってその場をしのぎました)。
乗馬を終えると、慶永は再び城下廻りへと戻っていきました。


240年前の春
「(二十四輩参詣記念品)」吉川充雄家文書
1777年(安永6)「(二十四輩参詣記念品)」 吉川充雄家文書 当館蔵 C0037-00550-021
*デジタルアーカイブ「(二十四輩参詣記念品)」の画像はこちら

坂井郡金津新町(現あわら市)の染物屋紺屋又右衛門が、
旅の記念に集めた当時の植物です。
1777年(安永6)に「二十四輩(にじゅうよはい)」(浄土真宗の宗祖親鸞の24人の
高弟)の旧跡を巡った又右衛門は、各地で植物を採集して持ち帰り、
それを記念品として保管していました。


浮世絵で楽しむ 石薬師(いしやくし) の蒲桜(がまざくら)
「東海道五十三対(石薬師)」 歌川国芳作、小嶋屋重兵衛版 松田三左衛門家文書
(年未詳)「(浮世絵など)」より「東海道五十三対(石薬師)」 歌川国芳作、小嶋屋重兵衛版
松田三左衛門家文 書 当館蔵 A0169-03426

*デジタルアーカイブ「東海道五十三対」 の画像はこちら

東海道の44番目の宿場、伊勢国石薬師宿の名所です
(現在の三重県鈴鹿市石薬師町)。
桜はヤマザクラの変種で、現在も季節になると白色の花を
咲かせています(県指定天然記念物)。
この浮世絵は、東海道の揃物の一つ「東海道五十三対」の「石薬師」で、
原画は、浮世絵を代表する絵師の一人歌川国芳が描いています。

源平合戦のさなか、1184年(元暦元)、源氏の総大将
源範頼(のりより、頼朝の弟)が、伊勢国を行軍中に八幡神を
まつる祠(現在の上地(うえじ)八幡宮)で戦勝を祈願し、
手にしていた鞭(桜の枝)を地面にさしました。その枝が、芽を吹き、木になり、
花をつけ、この蒲桜になったといわれています。
「蒲桜」の「蒲」は、その範頼の通称「蒲冠者(かばのかじゃ)」に
ちなんでいます(さらにその「蒲冠者」は、範頼の出身地
「遠江国蒲御厨(かばのみくりや)」にちなんでいます)。


桜に恋、春の金崎宮(かねがさきぐう)
「敦賀港絵はがき(袋入)」 坪田仁兵衛家文書 花換用の「桜の小枝」
(左) (年未詳)「敦賀港絵はがき(袋入)」 坪田仁兵衛家文書 当館寄託 C0005-01863
(右) 花換用の「桜の小枝」 個人蔵


海に波に松という港町らしい背景に桜の花をあしらった敦賀港の
絵はがきです(写真は敦賀の名所「気比神宮」(左)と「金崎宮」(右))。

桜の花に金崎宮といえば、桜の季節の「花換(はなかえ)まつり」。
明治時代の末頃、花見がきっかけではじまったといわれています。
まつりと神事、そして花見で、期間中は境内がいっそうのにぎわいをみせ、
意外な出会いも?もたらします。


「新曲 四季の敦賀」
「新曲 四季の敦賀」土岐善麿作詞・町田嘉章作曲 坪田仁兵衛家文書
 (年未詳)「新曲 四季の敦賀」土岐善麿作詞・町田嘉章作曲
坪田仁兵衛家文書 当館寄託 C0005-01859


歌詞は4番まであり、1番では「金崎宮」、2番では「松原」、
3番では「気比神宮」、4番では「天狗党」と、名所や歴史を交えながら、
四季の敦賀を歌います。
春の後には、夏が、秋が、冬が、そしてまた春がやってきます。
でも、今年の春は今年だけ。まずは2017年の春を愉しみましょう。



●○ 展示室内 ○●
「福井城下眺望図」
福井城下眺望図
大正8年(1919)模写(福井市立郷土歴史博物館所蔵)

●○ 写真展示 ○●
写真展示 広報写真より


ガイドペーパーpdf:1.77MB

ポスターpdf:2.5MB

Home
福井県文書館